平成22年度科学技術振興調整費「気候変動に対応した新たな社会の創出に向けた社会システムの改革プログラム」

明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム

研究内容

植物医科学グループ

シニア植物医師訓練プログラムの実践と臨床植物医科学システムの実証

高齢者が快適な都市生活を享受しつつも,CO2の吸収源である良好な緑環境の保全,創出に担い手として参画・貢献できるようにすることが必要である.その基盤技術として,以下のことに取り組む.

  • 植物病監視情報システムを核とした「臨床植物医科学システム」の確立する.
  • 「シニア植物医師訓練プログラム」を開発し地域単位の取組みを試み,適切な植物病抑止に向け,実証実験を行う.
  • 高齢者にとっても操作が簡単で,かつ,高齢者の経験を最大限に活かすことが可能な,植物病抑止のための臨床植物医科学システムの開発する.
  • 高齢者登用制度が整備された後は,開発した臨床植物医科学システムを用いて,農業生産の低炭素化を促進するための組織的基盤を構築する.

植物医科学グループ 図

[ページの先頭へ戻る]