平成22年度科学技術振興調整費「気候変動に対応した新たな社会の創出に向けた社会システムの改革プログラム」

明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム

概要

低炭素社会実現のシナリオ

【行動】 1. 豊かな緑環境の整備
  • 耕作放棄された農地,空き宅地の市民農園化,援農
  • 緑化の推進に向けたシニア植物医師制度の普及
  • 高齢者が低炭素社会実現に参加する場の提供
2. モビリティシステムの低炭素化
  • 超小型電気自動車などのパーソナル移動手段の整備による活動度の向上
  • 高齢者が活動しやすい環境作り
3. 資産の低炭素化
  • 省エネ住宅や自然エネルギーを活用した空調機器の普及
  • 高齢者も住みやすい環境作り

【出口】 1. 緑豊かな都市,低炭素社会の実現

⇒高齢者の就労,社会参加,地域経済の振興

2. 社会システムの改革
  • 生産緑地,市民農園の規制緩和
  • モビリティに関する道路法,道路交通法の弾力的運用
  • 高齢者住宅の省エネ化のための金融資産の活用
  • 高齢者が住みやすいコミュニティ形成(都市計画)

イラスト
豊かな超高齢社会と低炭素社会の同時実現を目指しましょう

[ページの先頭へ戻る]